読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

溺愛パンデミック

奇跡が消えないように 僕等が生きた証を ここに記そう

ジャニーズWESTと、七つの大罪

こんにちは。
先日、8号車ガチ勢のみーちゃんより超特急の新曲CD無料配布がありました(日常茶飯事)。新曲のテーマは「七つの大罪」。初めて聴 いたのは、フジテレビのドラマ「探偵の探偵」のエンディングで流れていて、「この曲かっこいいな…洋楽かな…」とか思っていたら、みーちゃんから「超特急やで!!!!」と教えてもらったのでした。
それから「発売したら配布するから」との宣言は受けていたのですが、配布されたのはMVのブルーレイ付き。スターダストは豪華だな!
そのMV、かっこよすぎるんです。いやほんとに。それぞれが七つの大罪を演じているそうなのですが、みーちゃんとお話しながら2人で同時に思いました。

「これジャニストさんも7人だからいけるよね?」

というわけで今回は、
ジャニーズWESTメンバーにやってほしい七つの大罪
という妄想をお届けしたいと思います。
やってほしいって日本語的に不自然ですけど。違うよ、例えば台詞の無い映像だけの演技だったり今回の超特急のようなMVだった場合に似合いそうな罪を選んでいるだけだよ。似合いそうって、それもまた不自然ですけど…。

参考・引用元はこちら

七つの大罪 - Wikipedia


中間淳太 嫉妬(羨望)
前にTwitterで呟いたと思うんですけど、淳太くんが自分の使える力は全て使って彼女を束縛する系男子だと、とても萌えます。あくまで個人的に。突然電話をかけてきたと思ったら「今何してんの?あ、居る場所はGPSで分かってんねんけどな。」とか言い出したり、「昨日、同級生の男の子と偶然会って長話してたやろ。嘘ついても色んなところから連絡くるから意味無いで、隠したらあかんよ?(でも超笑顔)」とか。ストーカー1歩手前みたいですけどとにかく彼女が大好きで、携帯のフォルダは彼女でいっぱいなんですけどその殆どが彼女の友達のSNSからの拾い物。因みに現実で彼氏に対してこんな女の子を知っていますが、私は可愛くて大好きです。あくまで個人的に。



濵田崇裕 強欲(貪欲)
普段のはまちゃんは、菩薩のような微笑みで優しくみんなを見守ってて、どちらかというと欲がない方なんじゃないかと思います。そんな彼の強い欲の部分を覗いてみたい。どうしても譲れないものを見つけたら他を蹴落としてでも奪い取ろうとするような。少年たち‐Jail in the sky‐の看守長の演技って大体こんな感じだと思います。あれ本当に怖かった。何度見ても怖い。本当のはまちゃんを知ってから見てよかったと思うぐらい、迫真の演技です。疑問なんですけど、前向きな貪欲さは罪なんでしょうかね。聖書って難しい。



桐山照史 暴食(大食)
読んで字の如く…いや本当にごめんね照史くん。でも、いっぱい食べる君が好き。アイドルとしてはもしかしたらツインタワーみたいなスタイルが正解なのかもしれませんけど照史くんだって素敵ですよね。ぽっちゃりがなんだ。ぷにぷにしたってええじゃないか。私だってご飯大好きだし照史くんの事ばかにできません。いや土俵が違うけどさ。親方だけに。…それにしても、大食いって罪なんですね。食料供給とかの問題とかあったのかな、昔だし。でも美味しいものは食べていたい。中華まんになって食べられる瞬間まで食べていたい。(by 髏々宮カルタ)



重岡大毅 憤怒(激情)
一花たんが重岡くんに怒られたいと言っていたのでそれで。いつもニコニコだいきゃんスマイル、夏菜子に続いてえくぼが恋の落とし穴の彼ですが、怒らせたら何となくいちばん怖そうだしめんどくさそう。いつかの妄想族で言っていた通り、話しかけても無視で黙り込んでそうだし泣きたくなるぐらい冷たい目でにらまれそう。やっとしゃべりだしたと思ったら低い声で怖いし、とりあえずごめんって、ああ、そんなもの持たないで危ないから。ってなりそう。書いてて思ったけど、私は重岡くんをどんな目で見ているんだろうか。

 


神山智洋 怠惰(堕落)
神ちゃんの目が死んだところを見てみたい。クールな表情も笑顔も得意な神ちゃんですが、私は一度も彼の目が死んでいるのを見たことがありません。私が見たことないだけで、もしかしたらどこかの映画や舞台であったのかもしれないけど、いつも目はきらきらと活きているんですよね。オカンと呼ばれる神ちゃんだから、いつでもテキパキして無駄がないというか。そんな神ちゃんが堕落して死んだ目で長椅子に座って遠くを見つめてるところとかが見てみたい。疲れてるんじゃなくて、生きる気力がない感じ。



藤井流星 傲慢(高慢)
これは単純な理由で、女王様みたいな流星に見下ろされたい(ドM)。怪しく笑って、「そんなんで俺が許すとでも思ってんの?出直してこいよ。」とか「黙れこの愚民が(カミュ風)」とか「大した仕事も出来ひんくせに…もっと俺の為に働けや。」とか言われたい。どんなに険しい山道でも、アマゾンの奥地にでも、流星様の為ならセーヌ川にだって身を投げ出す覚悟です。気持ちだけですけど。まあ欲を言えば、ナチス親衛隊のような軍服を着て乗馬鞭を持っていただきた…あ、そろそろ色んなものを失ってる気がするので自重しておきます。

 


小瀧望 色欲(肉欲)
唯一の未成年にも関わらず、これが真っ先に思いついちゃって本当にごめんねのんちゃん。でも満場一致だと思う(小声)。大丈夫、レンタルコーナーのカーテンの向こう側には堂々と行ける年齢ですのんちゃんの、黙っていれば心の奥で全て(主に色気)が溢れ出すJust VIVID感は周知の事実だと思います。喋っちゃうと可愛くて無邪気で面白いから彼はただの小悪魔ですね。男の子で良かった、女の子だったらとんでもない子に育っていたかもしれない。でも色気って出したくて出せるものでもないから無い人からすれば羨ましいと思うんですよね。ずっと言ってるんですけど彼が30代になったあたりが本当に怖いです。


七つの大罪ってヲタク的にはとても惹かれる題材ですけど、そのイメージを文章で説明するとなると非常に至難の業ですね。分かり辛い。皆さん是非一度、超特急の「Beautiful Chaser」のMVを、MVを見てください。

もし8号車の方でここにたどり着いてしまった方がいたら、ジャニーズWESTは超特急と振付師とか被ってますよって事だけ覚えておいてください。(あ、気になったら検索かけてもいいんですよ。全然いいんですよ。)

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。