読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

溺愛パンデミック

奇跡が消えないように 僕等が生きた証を ここに記そう

牛乳はBARにいる

その他
 

こんにちは、牛乳です。

ブログを書きたいけどネタが無いなあと悩んでいたら、未成年の友人よりお酒の話が聞きたいとありましたので書いた次第です。
 
私の好きな小瀧くんも、今年で20歳。
人間は20歳になった瞬間からそれまでとは比べ物にならない数の脳細胞が死滅すると聞いた事がありますが、その所為なのか動物的にも日本の法律的にもひとつの大きな節目である20歳に解禁されるお酒。
 
正しく飲めば、きっと世界に素晴らしい彩りが加わるはずです。というわけで、お酒が好きな方も苦手な方も、お酒が楽しく飲めたらいいなあという気持ちで書きます。
未成年の皆様は、いつか来るその日の為に予習をば。笑
 
といいつつも…
お酒は大好きなんですが、そんなに詳しい訳ではないのでお気軽な気持ちで。
難しい事は書きません。美味しかったお酒とお店の紹介です。
 
 
☆カクテル「グラスホッパー
f:id:milch2Nite:20160303141446j:image
とりあえず、一杯目は私の大好きなカクテルで。写真はいつも行くバーで作ってもらうものです。
グラスホッパーとは「バッタ」の事。名前の由来には美味しくてバーカウンターをピョンピョン飛び回る…なんて意味もあったりするらしい。
私が大好きな理由は、味。このカクテル、「ミントチョコレート」のフレーバーです。ミントリキュールとチョコレートリキュール、生クリームを全て1:1:1で割ってシェイクした物。色も若草色です。甘いので飲みやすいですし、女性にお勧め。
 
☆スパークリング日本酒「澪」
f:id:milch2Nite:20160303141458j:image
日本酒と言えば、最近コンビニでも買える女性向け清酒の澪!ジュースのように甘口ですので、飲みすぎ注意です。
最近増えてきたスパークリング清酒ですが、スパークリング苦手な方でも甘い日本酒は山程あるので大丈夫。調べてみてください。
私が飲んだ事があってお気に入りなものは、「すず音」とか「ひめぜん」とか。どっちも一ノ蔵だわ。笑
全部有名なのでそれ程苦労せず飲めるはず…!日本酒詳しくないのでわからないけど。
 
 
☆ワイン「グリューワイン(ホットワイン)」
f:id:milch2Nite:20160303141511j:image
寒い冬、眠れない夜にオススメ!この間、よく行くワインバーのママからホットワインの作り方を教えてもらったので備忘録がてら此処に書きます。
①ワインを1杯分ミルクパンへ入れ、沸騰しない程度まで弱火〜中火で温める。
 
②カップにジャムをティースプーン2杯分入れておく。ジャムはフルーツが相性◎
 
③温めたワインをカップに注ぐ。味見をして、お好みで甘さが足りなければジャムを足す。
だ、そうです。写真のものは作っていただいたのですが、すごく美味しかった!安いワインでも美味しく飲めるそうなのでおすすめです、簡単だしね。白ワインの場合ははちみつの方が良いかもしれません。
最近は温めるだけのホットワイン専用ワインなるものも売っているんですが、私はシナモン等の香辛料が苦手なためそれだと飲めません。海外ではワインに香辛料を入れて温めたものなどが売っています。クリスマスマーケットとかでよく見るね。
ワインも最近安くで良いの飲めるからね、すぐ買っちゃう。上を見ればきりがないけど、2000円もあれば全然いいの1本買えるんですよ。
 
これは、私が好き過ぎるBARなだけでただ紹介したいだけなんですけど。
渋谷のセンター街にあるお店で、店内はいつも満席。とても有名なお店です。
このお店の特徴は、「実際にある映画をイメージしたカクテル」を作ってくれること。一応メニューも渡されますが、そこに載っていない映画でもバーテンダーさんの誰かがその映画を見たことがあれば作ってくださいます。
私が好きなポイントがここにあって、逆を言えば「見たことのない映画は作れない」んですよ。作れない場合にはお断りされることもあります。その映画をきちんと見たことがあるからこそイメージ出来て、カクテルを通して共有できるというのは不思議且つとってもおしゃれですよね。カウンターに座ると忙しい合間を縫ってお話もして頂けます。本当にコアだから楽しい!映画だけにこだわらず、私の場合はBBCのシャーロックや相棒なども注文したことがあります。
 
先日伺った際に、MORSEを注文してみました。
f:id:milch2Nite:20160303141616j:image
完全に血の印象が強くて赤いカクテルを想像していたら、真っ白なフローズンカクテルで「そっちかー!」って声が思わず。雪だよね、雪。フレーバーはミントで、飲みやすくてとてもおいしかったです。オスカー元気かなあ。
見た目が派手なカクテルももちろん存在しますが、これらは飲むと「…ああ分かるこんな味になるの分かる」って思わず唸りたくなるカクテルばかりです。興味がある方は是非。バーって若いとどうしても行き辛いと思いますけど、ここはいい意味で敷居の低いバーだと思います。バーに行ったことない…行きたいけど怖い…って方に本当にお勧めです。ただいつも混んでいるので、時間がある時に余裕を持って。
 
 
こんな所でしょうか。
よく「お酒が弱いからあんまり飲みに行けない」という相談をされたりするのですが、普通のバーだったらバーテンダーさんに頼めば度数が低めだったりノンアルコールのカクテルだってつくってもらえるし、無理に飲ませるような人が居るところは普通はない筈なので、気軽に足を運んでいいと思います。ただ一口飲んだだけで倒れちゃうとか極端な弱さなら別ですけど。
そうでなくても最近は、コンビニやスーパーでも美味しいお酒が買えるし、ちょっとしたカフェでも沢山の種類のお酒が飲めたりするので、探究心を持って飲んでみる事、怖かったら店員さんに聞いてみて知ることをお勧めします。
 
いつか、お酒×ジャニストさんの妄想でもしたい。
彼らがバーテンダーでも、イメージカクテルでも、何でも良いけど。
 
 
読んでくださり、ありがとうございました。