読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

溺愛パンデミック

奇跡が消えないように 僕等が生きた証を ここに記そう

添い寝して欲しいジャニーズWEST 7選

全員やないかい。笑

という皆さんのツッコミを全力で受け止めよう。だって選べなかったんだもん。みんな想像してみてよ!選べなくない?自分の体が7つ欲しいって思ったの、この妄想が初めてですよ。添い寝っていいですよね。誰かの体温を感じながら寝るの、大好き。性別は問わない。性的な触れ合いとかも一切いらなくて、ただ「人ってあったかいなあ。」って思いながら寝るのが大好きなんです、私。

近年、添い寝CDなるものもあるし、WESTさんも早めにダミヘ商品を出していただけないかと切に願う今日この頃であります。それではどうぞ。

 

1.中間淳太

ソフレ全否定の淳太くん。その潔癖さ愛おしいけど、実際添い寝したら緊張で塩対応されそう。「ねえ、ぎゅーしていい?」「…………ええよ。」「え、何今の間、嫌なの?」みたいな。ぎゅーしても微動だにしない。そこは腕を回してくれよ!あのねー、こんなことがあってねー、って暗闇でお話しても、「うん。うん。」って機械的な相槌を返すだけ。「…やっぱあっち向こうか?」って気を使ってみたら、「う、え?いや、いい、大丈夫。」って動揺して欲しい。個人的にはあのサラサラボブヘアーを手で梳きながら喋りたい。思いっきり固まりそうだけど。笑

 

2.濵田崇裕

腕まくらしてくれそう(唐突)!向かい合ってるけど目は閉じてて、こんなことがあってねー、ってお話してたら「…ふふっ、それすごいな。」って小さく微笑んでくれそう。はまちゃんとの添い寝は、はまちゃんが腕を背中に回してくれてすっぽりと胸におさまる感じ。たまにたまらなくなって額をぐりぐり胸に押し付けたら、「もー、なんやねんー、寝られへんー」ってくすくす笑ってほしい。基本的に小さい声なのがポイント、おやすみ~って言ったのにお互いふふふって笑い出しちゃって、ほっぺたとかむにむに触られたい。で結局寝れなくて、次の日の朝ドタバタしたい。

 

3.桐山照史

常々、「人に寝顔を見られるのが嫌」と公言しているので、照史くんと寝るときは彼が背中を向けててその背中に抱きつく形。背中におでこをくっつけておしゃべりすると、「ちょ、息あたってくすぐったい」とか笑うから、基本はほっぺたくっつける。照史くんも小さく落ち着いた相槌打つタイプ。こんなことがあってねー、っていうと「ほんま自分あほやな」って小さな声でバカにしてほしい。喋りながら寝ちゃいそうになると、「もー…明日の朝聞くから。」ってちょっと振り向いて布団を直してくれて、ぽんぽん、って頭を撫でて、腕を組んで壁の方を向いて寝ちゃう。ちいさく「おやすみ」って囁きながら。

 

4.重岡大毅

この人も腕の中に納めてくれるタイプだけど、基本的に仰向けになったりこっち見たりごろごろしてて落ち着きなさそう。向かい合ってくれてるときは、背中に腕が回ってるんだけど人の髪の毛を指に巻きつけたりファサファサ動かしたりして遊んでて、「なんだよー」って言うと「シャンプーの匂い好きやから」ってサラッとすごいこと言う。髪の毛に飽きたら耳とかほっぺとか触って遊んでくるので「話聞いてよー」「聞いてるって」って言ってる間に2人で寝ちゃう。翌朝は絶対しげちゃんのが先に起きてるんだけど、しばらく起こさずボーっとして、突然鼻をつままれてびっくりして起きる。「朝やで」「普通に起こしてよ!」みたいな。

 

5.神山智洋

神ちゃんは以前ラジオで行ってたので「胸まくら」で。神ちゃん仰向けで、乗っかるぐらい抱きつきたい。たまにほんとに乗っかってるみたいにして、神ちゃんの方むいて「ねえ聞いて聞いて!」って言ったら神ちゃんは目を閉じたまま頭をポンポンして聞いてくれる。話す内容が、出来事というより相談ばっかになりそう。「…って言うんだけどどう思う?」とか聞いたら「男ってこういう生き物やねん、」みたいに男心を説明してくれて、「あんま無理したらアカンで。はい、今日は寝よ。」って背中とんとんして寝かしつけてくれる。たまに腕とか放り出して爆睡してたら、引き寄せて持ってきて自分の胸辺りに置くか手を繋いでくれる神ちゃん。

 

6.藤井流星

流星は背中というよりお互い腰に腕を置く感じ。眠くない時は、じーっと見つめてきて困る。「…なに?」「いや、見たいだけ」急激に喋りづらくなるやつ。急にほっぺたを指ですりすりするから何かと思えば「まつ毛ついてた」とかやってくれそう。でも基本的にはおやすみ3秒。こんなことがあってねー、と喋りだした瞬間に「ん…」って小さく唸って寝息が聞こえる。ほっぺ触ったり、何しても起きなさそう。翌朝起きると、ホールドされて動けない。「ねえ、起きて、朝ごはん作りたい。」「…んー」「起きろっての!」って言うやり取りがやりたい(ただの願望)。

 

7.小瀧望

もはやこっちが抱き枕。背中を向けても肩に顎を乗せておなかに腕を回される。仕方なく頭を預けると「今日は流星がな、」って沢山お話してくれる。だんだんあったかくて眠くなってきて、「うん…うん…」ってうとうと返事してたら「眠いん?」ってほっぺたつつかれて、頷いたら「じゃあ、おやすみっ」って電気消してくれる。夜中にふと目が覚めて、背中寒いなあって隣見たら腕大きく広げて口開けて仰向けで寝てて、それが可愛くてその腕の中にすり寄っちゃうよね。ほっぺとかつついても起きないし、朝までそれで寝てて、起きた時に思い出して笑いそう。

 

 

 

急募:ジャニーズWESTの添い寝CD

(お読みいただきありがとうございました!)