読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

溺愛パンデミック

奇跡が消えないように 僕等が生きた証を ここに記そう

この歌みたいな恋がしたい! 濵田崇裕×ゆびきり(彩冷える)

※この歌みたいな恋がしたい!とは筆者が好きな曲を紹介しながら「相手がこの人だったら」という自己満足の意味不明な妄想を繰り広げる記事となっております。苦手な方は全て忘れてブラウザを閉じてください。

 

濵田崇裕×ゆびきり(彩冷える)

聞こえてるよ 前よりも声が擦れて 心配です
TVの中 昔と変わらない キミの仕草

もう設定は現実と変わらない感じでお願いします。でもアイドルじゃなくてバンドマンね!バンドマンとして頑張ってるはまちゃんの姿を見て一喜一憂したい。笑ってる姿を見て安心して、ちょっと疲れてるのも感じ取っちゃって「…ちゃんとご飯とかたべてるかな」とか「頼れる女の子いるのかな」とか無駄な心配してあげたい。前髪触ってるのみて「まーた触ってる…」って小さく笑いたい。指摘されたら余計に恥ずかしそうに前髪を指で摘まんだり撫でたりすることを思い出して、で、ハッとして「もう私の事なんて忘れてるよね…」みたいなこと言いたい。

部屋に残された 錆び付いたギター
キミの真似して 弾いてみたの

一緒に住んでたわけじゃないの!!崇裕が置いて行ったの!!(?) まあそうだとして取りに来なかったという事ははまちゃんも女の子と別れたいと思って別れたわけじゃなくて落ち着いたら迎えに来るつもりだったのかもしれない(急に他人事)。はまちゃんの真似してギター弾いてみたら…やっぱクラプトンかな~~!!Tears in heavenでもいいけどchange the worldがいい。TIHはイントロで泣いてしまいそう。しかもうまく弾けなくて泣きそう。

メロディーが愛を歌えば どこか懐かしく涙溢れた
ゆびきりを交わした小指に 残ったままのぬくもり

…All My Loveにしよっか!!!!(号泣)(しかもバンドじゃない) もうこんな状況でこの歌詞聞いたらどんな女の子でも「ずるいよ…」って目に涙浮かべて少女漫画の主人公のテンションで呟くよね?(意味不明) 「顔が見えなくても」の所がはまちゃんなのは運命かもしれない(?) あと完全に個人的見解だけどAML聴いたらクラプトンのTIHと重なりそう~~!あの優しい声でTIH歌ってくれ~~!!!

きっと「売れたら迎えに行くから待ってて」なんてはっきりは言わなかった気がするんだけど(設定)(妄想)、「俺、絶対スターになって帰ってくる」みたいなどっかのアニメでありそうな話して「そのときは…」って崇裕が言うから続きを聞きたくなくて「約束ね、世界一のアーティストになってね」って被せて小指を出したら戸惑いつつも絡めてくれたんだよね(妄想) 何となく口約束だし将来を縛り付けるのが怖かっただけかもしれない…妄想だけど(言った)

ここに来ると 今でもあの雪の夜を 思い出すよ
プラットホームに 並んだ足跡は 歩き出せず

最寄りの駅、1両編成の電車で次のを1時間待つのとか有り得るようなところがいい。昔はギター背負ってちょっと繁華街のスタジオまで練習に行く崇裕を見送ったもんだ…(妄想)

最終列車に 乗り込んだキミは
息吹きかけ 思いを綴る

本当はドアの所でギリギリまで話してくれようとする崇裕に「早く行ってよww」とか強がって言ったら向こうも笑いながら中に入ってボックスの席の窓際に座るのね。隣にはギター(ハードケース)おいて、何となく見送らなきゃいけないな~って思って電車からちょっと離れて立ってたら携帯が鳴って「寒いからはよ帰り」ってライン来てて。窓に近づいたらちょっと切なそうに笑うから泣きそうになって俯いたら、窓をコンコンって叩く音がするの。顔を上げたら崇裕が窓にハァ~って息をかけて曇らせてメッセージを書いてくれるんだけどその時にちょうどベルが鳴って。

ベルの音が告げる旅立ち キミが少しずつ遠ざかってく
窓越しに白く浮き上がる "愛してる"がまだ消えない

「愛してる」って書かれた窓に手を添えた崇裕の泣きそうな笑顔とか想像したら私も泣きそう(?) ずっと「会えなくなるわけじゃないじゃん!応援してるから!」って言ってはいたんだけど何となくこの列車の離れて行く距離が自分たちを象徴しているように感じてしまって、きっと女の子は覚悟する。もう戻ることは絶対にないって。普段「好きだよ」ならまだしも「愛してる」なんてなかなか口にしないし、言うんじゃなくて文字な所も愛おしいし、平仮名でちゃんと私から見て読めるように一生懸命「あいしてる」って鏡文字書いた崇裕愛しすぎない?みんな息してる?

弱気な文字並ぶ 手紙に返した嘘
「結婚したよ」って それは夢を逃げないでほしかったから

手紙ってよくない?(唐突) まあ何年前の曲だよって話だけどLINEでもメールでもなく手紙なの。まあ別れるって決めて連絡先を消したからなんですけどね!(妄想) で、2年ぐらいたって音沙汰なかったのに急に手紙が来る。(設定的に)ややこしいから実家宛。忘れられたと思ってたのに!「今度こういうテレビ出れることになったよ!見てや~~(^^)」みたいな話もあるんだけど「客観的に俺を見てみてどうですか?あんま自信なくて…他のメンバーの方がかっこいいかな?」とかすごい心細い感じで書いてて心の中では(お前が1番だバカヤロー!)とか思うけど最後に「ほんまはすぐ手紙とか電話とかしようかと思ったんやけど情けないと思って出来ひんかった」「あの時、お前と一緒に居ったら何か変わってたんかな?」とか書いてて心に何か刺さる。で、結果的に返信の近況報告で「そういえば、今度結婚することになりました。もう籍は入れてあるんだけどね、身内だけの細やかな式なのでいつか会った時には写真を見てください。」って書いちゃう。これ泣きながら書くから!!何回か書き直すから!!

"会いたい..."想い閉じ込めて
強く 強く 願うよ

ここのメロディー超切ないんですよ。会いたいよな、そら会いたいわ。嫌いじゃないもん寧ろ大好きだもん。強く願うってきっとはまちゃんの成功と幸せだと思う。

いつかこの街に キミの歌声が溢れるように
ゆびきりを交わした あの夜 2つに別れた未来

 きっと誰もが知ってるアーティストになって街に歌声が溢れて、そんな未来を夢見た若きはまちゃん。ここで言うあの夜は実際にさよならしたあの夜じゃなくて、真っ暗な1Kの狭いシングルベッドの中で腕枕しながら「笑わんと聞いて欲しいんやけど…」って夢を話してくれた夜の事だから!!!!「…私はどんな夢でも崇裕が本気なら応援する。なんだってするよ。」と語気を強めて言ったその言葉の意味に”別れ”もちゃんと含まれてることを彼は悟ってくれて、強く抱きしめながら「ありがと…」って言ってくれるんだ…(妄想)

真っ直ぐな この道の先 決して交わることはないでしょう
いつまでも 離れてるけど
キミから届く 優しい歌に そっと包まれていたいな

 「いつまでも離れてる」「決して交わらない道の先」ってもうヤダ切ない…はまちゃんは毎年冬が近くなると少し切ないバラードを出すんだけどそれがどうやら売れてしまって有線とかで飽きるほど流れてほしい。商店街で買い物してたらそれが流れてきて、近くにいた女子高生が「あ!これタカヒロの曲で1番好き~!」「私も!でも今年からちょっと曲の雰囲気変わったよね?」とか話しながらすれ違って行って「…今年はハッピーエンドのラブソングか。崇裕おめでとう。」って呟いて、切ないけど笑ってたい。

 

何が言いたいかというと、ゆびきり(彩冷える) 是非聴いてください。

(他の方の妄想も読みたいのでTwitterで#この歌恋がしたい とタグ付けしています。よろしければ読ませてください。)

 

次回、桐山照史×夏恋(シド) を予定しております。お付き合いください(土下座)

 

長々と読んでくださりありがとうございました!