読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

溺愛パンデミック

奇跡が消えないように 僕等が生きた証を ここに記そう

もしもジャニーズWESTがバンギャルだったら

以前Twitterで散々妄想した
もしもジャニーズWESTバンギャルだったら
通称 #バンギャルWEST を

入院中で暇なので書きたいと思います。
ただの妄想です。
携帯で書いてるので雑です。
因みにバンギャにしかわからねーよ!っていう細かい描写もあるんですけど、それはお近くのバンギャルに聞いて頂ければ…ええ…すいません。

登場人物
・ダイキ
バンド「JW」のボーカル。珍しい事にギャの繋がりが殆ど居ない。飲み会にも居ない。ガードが固い。淳子の事はいつも来てくれて嬉しいなあ、めっちゃ長いファンレター毎回書いてくれて嬉しいなあ。と思っている。

・流星
JWのドラム。ツーバス。繋がりは普通にいる。クロムハーツが好き。顔が取り敢えず美しいからメイクが濃い日にはなんだか違和感。ドラム叩きながら客席見てニコニコしてるけど実際ちゃんと見てない。ただし望ちゃんはデカくて目立つのでよく見てしまう。

JWの下手ギター。私の独断と偏見で下手。絶対ストラト…いやレスポール以外で。フライングVの時はちょっとクスッとされる。繋がり多め。最前は大体繋がり。でも何故か友達みたいな繋がり。いや貢がれてはいるけど。

・淳子ちゃん
ダイキギャ。ポムポムプリンが好き。服装はレッセパッセとかジルスチュアート、ウィルセレクション。たまにロリータを着る。繋がりたいけど踏み出せない、というかそもそもダイキ以外と繋がりたいわけじゃないからダイキしか狙ってないんだけど、ダイキのガードが固くて難しいし、繋がりたいけどでもなんか…って葛藤してる。入り出待ちは当たり前。でも良家のお嬢様で学校も真面目に行くため全通が厳しい。ライブは基本的に望ちゃんと行動。ドセンと下1で仲良く麺を見つめる。ダイキは基本的に構ってくれるがたまにすごい干され方をして終演後に本気で泣く。


・望ちゃん
流星ギャのタカヒロ繋がり。繋がり多数ギャ。JW全通。ライブもインストも全通。マイメロディが好き、服装はリズリサと盛り髪。その美貌を活かして(?)関係各所とお付き合いがある。でも流星ガチ恋。日々繋がりたくて奮闘中、タカヒロと「はよ繋げてや濵田」「苗字で呼ぶな」というラインが日常茶飯事。流星はなんとなく焦らしてるだけ…というか殆ど週1.2ペース、ひどい時だと3日連続で(入り出待ち、イベントで)会っていて今更繋がる意味があるのか疑問。

・桐子
JWの仕切りのタカヒロ繋がりギャ。服装はパンク系。ピアスがめっちゃ開いてて髪型はたまに黒金ツートンだったり。おかげでたぬきに「タカヒロってデブ専?」と書かれる。桐子はデブではなくぽっちゃり。望ちゃんと淳子ちゃんとはライブハウスではよく話す仲。淳子ちゃんの事は可愛いなあ、純粋そうなメンヘラだなあ、って妹みたいに思っていて、望ちゃんの事はタカヒロから筒抜け。因みに望ちゃんは桐子をタカヒロの彼女だと思っている。大体正解。

・智子
JWスタッフのお姉さん。派手髪派手メイク。いつも黒のスキニーにTシャツだが、私服が派手だとMCでいつもメンバーに暴露される。物販席で苦笑い。もちろん桐子望淳子とはよく話す仲。あまりに淳子ちゃんにダイキ運がないのでチェキを選ばせてあげたりする。お姉さんの役目はバンギャルと麺の架け橋なので、智子さんはバンドのお母さんのような存在。


望ちゃんと淳子ちゃんの1日は入り待ちから始まる。望ちゃんは流星にエナジードリンクとお菓子と(お金と)手紙を渡す。手紙の内容は「次に欲しいものがあれば言ってね」、大体ドラムスティック。よく狙い投げされたり渡されたりで手元に帰ってくる。サインと亀裂入りで。
一方、淳子ちゃんはダイキに駆け寄る。ダイキは帽子にマスクで黒づくめ。スタバのコーヒーとスタバカード、軽めのお菓子と手紙を渡すと、「おー、いつもありがとうな。」と言われる。淳子ちゃんはそれだけでも嬉しい。のに、たまに「あ、髪色変えたやろ?」とか「その服初めて見る、それ好きやな」とか爆弾落としてくるダイキから抜け出せない。
でもツンデレ淳子ちゃん、望ちゃんに「ダイキ、めっちゃ淳子の事見てるやん!めっちゃ好きなんやな?」とか冷やかされると「は?そんなんちゃうやろ営業やあんなん、誰にでも言うねんあいつ」っていう自分の言葉に大ダメージを受ける。そんなことないよ淳子ちゃん。
桐子は入り待ちも出待ちも面倒でしない。その代わり家でタカヒロの帰りを待ってる。

だいたいドセン最前の淳子、ダイキに曲中頭撫でられたり掴まれたりするのが好きだけどたまに2列目から構い始めるとちょっと病む。お立ち台にかかるダイキの足に抱きつきたくて仕方ないけど抑えてる。
望ちゃんはその横で流星しか見てない見えてない。しかも流星がアドリブで叩くリズムですら完璧にハートを飛ばす。誰よりも先に流星の名前を叫ぶのがモットーで、暗転した瞬間に叫ぶ。最初のSEの流星お立ち台の時だけ淳子と交代、めっちゃドセンで咲いてる。可愛い。あとデカイ。
桐子は人が少なめのときは最前タカヒロドセンだけど結構みんなに譲りがち。「ええよ、前で暴れた方が楽しいで!」とか言って。桐子が仕切りである故に平和みたいなところあるこのバンド。対盤で淳子も望も来ないってなったら後ろで大人しく見ようかな、みたいな。

ライブが終わってツーショットチェキ、流星は望ちゃんの肩を抱く。それが彼の普通。普段はうるさい望ちゃんもこの時ばかりは静かになって顔が赤くなる。まあ望ちゃんがチェキ1枚で済むわけがなくてだいたい3枚ぐらい似たようなポーズ。「ほんまにいつもありがとう。またな、」って頭ぽんぽんされて次はもっとお金入れとこうって心に刻む望ちゃん。
一方、ダイキはピースとか本当にありきたりな感じ。必死に身体を寄せる淳子ちゃんに2枚目で気づいて、肩を抱くぐらいでいいのに後ろから抱きしめられる。淳子ちゃん顔がにやけてるよ!在り来たりなありがとうも淳子ちゃんには宝物、けど最後の「今日淳子ちゃん、最後の曲口パクしてたやんな?目の前でやってくれて嬉しかった。」って爆弾により抜け出せない闇へと相も変わらず落ちていく。




終わりが見えなくなったので、ここら辺で終わります。宜しければTwitterにて #バンギャルWEST を検索検索ぅ…!